ノコギリヤシは別名ソーパルメットと呼ばれ、
北アメリカ大陸の南部に分布するヤシ科の植物です。
その名の通り、ノコギリの刃のような葉の形をしています。


昔から、この地に住むインディアンは、主に滋養強壮剤として、
ノコギリヤシのエキスを愛用していました。

その後、ヨーロッパではノコギリヤシの研究が進み、
現在では、前立腺肥大のや予防や治療
そして育毛や発毛などの医薬品として使われています。


男性の前立腺が肥大する原因は、
男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)が
増加して活性化することからくると言われています。

これは、M字ハゲでおなじみのAGA(男性ホルモン型脱毛症)と同じ原因ですね。


男性ホルモンである、テストステロンが5αリダクターゼ酵素と結びついて、
DHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉の男性ホルモンが発生しますが、
ノコギリヤシにはこれを抑制する効果があるということです。


男性型脱毛症と前立腺肥大の治療や予防に効果があるというと、
プロペシアを思い出します。
プロペシアも同様にDHTの発生を抑える働きがあります。


ノコギリヤシは天然の植物成分なので、
プロペシアと違って副作用もほとんどありません。

最近では、育毛効果を期待して、ノコギリヤシのサプリメントを服用される方も多いですが、
実際には、プロペシアのような育毛効果や、薄毛の方がノコギリヤシのエキスで
改善が見られたというような報告はなく、医学的な根拠は今のところありません。


ただ、プロペシアほどではなくとも、DHTを抑えるという働きはあるため、
最近では、育毛シャンプーや育毛剤に有効成分として配合されていることも多く、
サプリメントと合わせて服用することで、徐々に効果が見られる可能性はあります。


ノコギリヤシは男性ホルモンに対してのみ作用するため、
一般的な女性の薄毛対策には、効果は期待できないでしょう。

そもそも、男性と女性では薄毛の原因や脱毛の仕方も違います。


ただ、女性にも少量ながらテストステロンが存在し、
DHT(ジヒドロテストステロン)が発生する可能性はありますので、
そういった場合には効果があると思います。