敏感肌にとって必ずしも、無鉱物油=良いとは限らない


育毛シャンプーの広告などをみると、ノンシリコンや無香料・無添加などに加えて、
「ノンアルコール」と謳ったものを良く見かけます。
なかには、「無鉱物油」と記載されたものもあります。

ノンアルコール(無鉱物油)というのは、はたして、どのようなものなのか?


まず、シャンプーに含まれるアルコール成分には、
鉱物油と呼ばれる石油を原料として合成されたものが一般的に使われています。
簡単に言うと、石油の残りカスです。

鉱物油の代表的なものに、流動パラフィン、固形パラフィン、ワセリンなどがあります。

鉱物油が問題なのは、肌荒れが起きやすいということです。

無鉱物油そのものが頭皮に浸透することはないのですが、
特に肌の弱い方は、鉱物油の入ったシャンプーを使い続け、すすぎを
しっかりしないと、頭皮が荒れてくることがあります。


最近の育毛シャンプーの売りは、
化粧品などと同様に「天然成分」をいかに使っているか、
というところに重点を置いています。

わざわざ、製造メーカーが無鉱物油と謳っているのは、
肌に優しい製品です、ということを強調しているからですね。


無鉱物油の代表例は、馬油です。人間の皮脂分に最も近いとされ、
頭皮の保湿や皮膚の炎症を押させる効果などがあります。
それ以外には、ホホバオイルやオリーブオイルなども無鉱物油に入ります。


ただ、鉱物油だから悪い、無鉱物油だから良い、という短絡的な決め付けはどうかと思います。
確かにイメージは無鉱物油のほうがいいのですが、無鉱物油でアレルギー反応が出る方もいますし、
前述した通り、鉱物油そのものは肌に浸透はしないため、安全性については問題ありません。


敏感肌の方は、無鉱物油の育毛シャンプーを選択される場合、
メーカー側でパッチテストがされているかどうかを確認したほうがよいでしょう。