ストレスが続くと血行不良など体のバランスが崩れる


普段テレビを余り見ない僕でも、たまにチャンネルをひねれば
よくみる有名人のひとりが、この壇蜜さん。

なんでも「最も美しい32歳」と言われているらしく
いわゆるセクシータレントとして今や大人気で、いろんな番組で引っ張りだこ。

そんな壇蜜さんがストレスによる抜け毛に悩んでいるという。


そりゃこれだけ人気者で忙しければ、ストレスも溜まるでしょ、
とも思うが、なんでも最近はストーカー被害にも合ったそうで
それがストレス増大に拍車をかけたようだ。


壇蜜さんはまだ32歳。
更年期症状としての脱毛というにはまだ早いし、
やはりストレスによる抜け毛なのかな、と思いますね。

ここでストレスによる抜け毛をちょっと復習してみましょう。

ストレスを感じると自律神経が緊張状態に入り
血管が収縮します。その結果、血液の流れが悪くなって
髪の成長に必要な栄養分が毛根まで行き届きづらくなります。


そうすると、毛自体が細くなったり、髪が抜けたりするのですね。


またストレスは、副交感神経の働きを弱めてしまうことにより
本来髪の毛が成長するはずの睡眠時にも緊張状態(交感神経)
になり、睡眠不足も相まって髪が成長しにくくなります。

そしてストレスが強くなればなるほど、体内の
活性酸素が増えて皮脂の分泌も増えてきます

体内で一番皮脂腺が多いと言われる頭皮から皮脂が多量に分泌されると
毛穴が塞がれて髪の成長に良くありません。


ということで、ストレスは百害あって一利なしというわけです。
ただストレスをなくすことはなかなか難しいので
スポーツや趣味などでうまく発散するのが理想ですね。

壇蜜さんの場合は、忙しくて発散する暇もないのかも。