女性の男性型脱毛症はまだ解明されていない


男性型脱毛症はいわゆるAGAと呼ばれる脱毛症で
男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼⅡ型酵素
によってDHT(ジヒドロテストステロン)に変化し
これが毛乳頭細胞に作用して起こるものです。

男性型脱毛症についてはこちらの記事も参考にしてください。


女性にも男性ホルモンが作用して脱毛を引きおこす症状があります。
ご存知の通り、女性にも男性ホルモンはあり、
筋肉や体毛は男性ホルモンによって作られます。


前述したように、男性型脱毛症は5αリダクターゼⅡ型が毛乳頭細胞に作用しますが、
女性の頭部の毛包内には、5αリダクターゼⅡ型があまり存在していないと言われています。

これは、男性型脱毛症に効果のあるフィナステリドが
女性には効果がないことからもわかります。


女性の脱毛が起こるタイミングは、
40歳を過ぎたころ、つまり更年期を迎えた頃に起こるのが一番多いです。

更年期を迎えると、女性の体内からは
女性ホルモンが減少していきます。

男性ホルモンが増えるというよりは、
相対的に女性ホルモンよりも男性ホルモンが体内に多くなるということです。


ただ、男性ホルモンが作用するとしても、
男性の脱毛症と、女性のそれは脱毛の仕方が違います。


男性の場合は、前頭部からM字にハゲあがったり、
頭頂部が薄くなりますが、女性の場合は、
頭頂部の髪のみが薄くなることが多いのです。


同じ男性ホルモンが作用しているのに、男性と女性で
脱毛の仕方が違うことについては未だ解明にはいたっていません。
今後の研究によって徐々にわかってくるでしょう。