以前から、「男性型脱毛症(AGA)は心疾患と関係があるかも?」という研究が行われていたそうだが、この度、東京大学の研究チームが11年以上かけてアメリカで行った研究結果によると、男性型脱毛症の男性は、そうでない男性に比べて、心疾患リスクが33%高かったという。
心疾患 
そして、これは年齢を重ねるごとにリスクが増えていき、55~60歳の男性では、44%も増えるという結論がされたというのです。
44%で驚くなかれ。
更に、別の過去の研究をメタ解析したところでは、AGAの男性は、そうでない男性より心疾患リスクが70%も高く、驚くべきは、若いうちからAGAを発症している場合は、84%も増えるということです。
この研究結果から、専門家は以下のようなことを発言しています。
「男性型脱毛症と若白髪は、全体的な心血管リスクに影響をあたえる生物学的年齢の指標である可能性が否めない」
男性型脱毛症や若白髪のある男性を診る現場の医師たちは、冠動脈疾患の監視をより強化し、健康的な食事や日常の運動、ストレスへの対処などを通した生活習慣の改善を指導すべきです
まだまだ、予備的な研究結果だそうだが、なんらかの関連性はあると思われます。
AGAと一口にいっても、大きく分けると、生え際が後退してくる、M字ハゲのパターンと、頭頂部が顕著にハゲるパターンがありますよね。
有名人で例をあげれば、前者はトレンディエンジェルの斎藤さん、後者はフットボールの岩尾だろうか。
O字ハゲの男性 
つまり、今回の研究結果によれば、斎藤さん型のハゲは心疾患リスクの面では影響がなく、岩尾タイプのハゲは心疾患リスクが高いということになりますね。
自分のならともかく、人の頭頂部ってなかなか見る機会ってないので、O字ハゲの人って、パッと見すると、ハゲってわからない場合もありますからね。
もしかしたら、友人や家族がO字型ハゲでも気づかないこともあるかもしれません。
薄毛治療の専門家によれば、O字ハゲの人の頭皮の特徴は、赤かったり、黄色かったりするケースが多いらしいです。
頭皮が赤いというのは、自律神経の乱れから来ることがあるとのこと。
また、顔がほてったり、のぼせやすかったりといった特徴があるようです。
東洋医学では、五臓六腑のうち、「肝(肝臓)」がこのことに関係していて、肝の気というのは、上に上がりやすい傾向があって、イライラしたときなどは、顔が火照ってくるんですね。
そして、気が頭の頭頂部から抜けていくから、O字ハゲにつながる・・・・という考え方ですね。

なるほど!
もちろん、100%が当てはまるとは思いませんが、あながち間違ってもないと思います。
O字部分が小さいうちは、自分でも気づかない場合もあるのでチェックしてみるといいでしょう。
ただ、今回の研究結果は、男性型脱毛症をもたらす因子と冠動脈との何かしらの関連があることを示しているに過ぎないので、更なる研究結果を待ちたいですね。