母親のX染色体にある男性ホルモンがハゲの鍵をにぎる!?


昔から、「ハゲは遺伝する」と言われ、
実際に、両親が髪が薄いと自分もハゲる可能性が高いとか
母方の祖父がハゲていると、隔世遺伝して孫の自分もハゲる、などなど。


遺伝が原因による薄毛は、未だ解明されていないのが現状です。
薄毛やハゲの原因の4分の1程度が、遺伝によるものだとされていますが、
特にAGA(男性型脱毛症)の場合、遺伝によるものも多いと言われています。


統計を取ると、両親が髪が薄い場合は、
その子供も髪が薄くなる確率は非常に高く、
父親が薄くなくても、母親が薄い場合にも、その確率は高くなっています。


男性が持つY染色体は女性のもつX染色体よりも
遺伝要因が少なく、生まれてくる男の子は、
母親のX遺伝子の影響を強く受けることが多いそうです。

一般的に、男の子は母親に似るというのは、ここから来ています。


40歳までに薄毛になった男性の家系の血液を調査した、
ドイツ大学の研究チームの発表によれば、
X染色体にある男性ホルモンの遺伝子に異変があった、とのことです。


つまり、母親から受け継がれたX染色体の男性ホルモンが
突然変異して、薄毛になるということです。

これが本当ならば、母方の祖父から隔世遺伝するというのは
正しいのかもしれません。

AGAの場合は、まさに男性ホルモンによるものですから、
これが遺伝によるものが多いというのも納得できます。


また、優性遺伝と劣性遺伝の要因もあります。
ハゲの遺伝子というのは優性遺伝(強い遺伝子)なので
子供もハゲになりやすいという考え方です。


いずれにしても、ハゲの遺伝については完全に解明されていません。

ただ、母親の髪が薄いから、自分もハゲるんだと落ち込まないでください。
そういったストレスが薄毛の原因にもなりかねませんので。