「子供を出産後に急に抜け毛がひどくなった」
というお母様が結構いらっしゃると思います。
いわゆるこれは産後脱毛症と呼ばれるもので、分娩後脱毛症とも言われています。


産後脱毛症は通常の抜け毛とは違い、女性が産後に起こる特有のものですので、
通常の抜け毛や男性型脱毛症(AGA)などの原因とも全く異なるものです。


産後脱毛症の症状は、生え際や頭頂部などが局部的に薄くなるものではなく、
全体的に抜けて薄くなるパターンがほとんどです。
また特徴として、髪の毛が細くなり、髪全体のボリュームもダウンしてしまうことがあります。

女性の抜け毛

産後脱毛症の主な原因は、女性ホルモンのバランスが
崩れたことによって生じるものだと言われています。


女性の体は妊娠中になると、プロゲステロンと呼ばれる女性ホルモン(黄体ホルモン)が上昇します。
妊娠中に髪の毛が増える方が多いのもこのためです。
これは、本来抜けてしまうはずの髪がそのまま成長し、髪の寿命が長くなるからです。


その後、女性ホルモンの量は出産前後にピークを迎えると、
出産後は一気に減少していきます。そして、プロゲステロンの
分泌が低下すると、成長していた髪の毛が一気に抜けてしまいます。


ですから、産後の脱毛というのは、ホルモンのバランスによる
生理的なものですので、基本的にはさほど心配する必要はないと思います。



さて皆さんが気になるのは、この脱毛がいつまで続くのかということです。
抜け毛が止まらなければ、特に女性なら気になってしまうものです。
日々の大変な子育てもありますから、精神的にもイライラしてしまいますからね。


産後脱毛症は、個人差はありますが、
出産後おおむね半年から1年くらいで元に戻ります。



ただ、この産後の抜け毛を体験された方から言わせると、
「本当にこんなに髪の毛がぬけるの!」とびっくりされる方も多く、
精神的に参ってしまう方も多いので、気になる方は頭皮や髪の毛のケアを行いましょう。

産後抜け毛


また、もしも半年から1年の間に、抜け毛の量が変わらないとういう場合には、
他の原因である可能性もありますので、一度医師に診断を受けられることをおすすめします。