帽子をかぶるとハゲるのか?それとも日焼けでハゲルのか?


世間では未だに、まことしやかに言われている
都市伝説的な噂があります。

それが、「帽子をかぶるとハゲる」
その逆に、「帽子をかぶらず日焼けをするとハゲる」

相反する、両者の噂、はたしてどちらが正しいのか。


まず、帽子をかぶるとハゲるというのは、
サイズのきつい帽子を長時間かぶっていると
頭皮が押さえつけられるので、頭皮の血行が悪くなります。

また、帽子をかぶり続けていると、汗をかき、そのまま
ほっておくと頭皮が蒸れて雑菌が沸くこともあります。
長期的にみれば、頭皮や髪の毛には良くはないでしょう。


ですから、仕事などで、否応なく
サイズのきつい帽子やヘルメットをかぶり続けている方は
気をつけたほうがいいかもしれません。


それでは、帽子をかぶらずに日焼けをするとハゲるというもの。
これは、紫外線は頭皮にどんな影響を受けるかということに
関係しています。


頭皮も普通の皮膚と同じで、大量の紫外線を浴び続けると
皮膚の炎症が起きます。
日焼けとは軽いやけどですので
表面の皮膚細胞は紫外線で破壊されているのです。

また、紫外線は頭皮のバリアである皮脂を酸化します。
酸化した皮脂は過酸化物質となり、毛穴で炎症を起こします。

髪がべたついたり、皮脂の過剰分泌になる可能性もありますね。


もともと髪の毛は頭皮を紫外線などから守ってくれるのですが
その髪の毛も、紫外線を大量に浴びていると
キューティクルが剥がれ落ちて、乾燥します。

いずれにしても、紫外線は髪の毛にも頭皮にも良くなさそうですね。
特に男性は女性と違って、あまり日焼けに対して敏感ではないので
薄毛の人はもちろんのこと、日焼けのケアを怠らないことをおすすめします。