「頭皮の血行を促進させることで、抜け毛を防ぐ・・・」、

世に発売されている育毛剤には、必ずと言っていいほど、このような謳い文句がついています。
みなさんも一度は見たことがあると思います。


また、抜け毛を防止するために、血液をサラサラにしてくれるビタミンEを採ることや、
運動やストレッチをして血行を良くすることを勧められることも多いでしょう。

当ブログでも過去の記事で、そのようにすすめています。


もちろん、結果的に頭皮の血行がよくなると抜け毛は減ります。

が、

一時的に、血行が悪い状態から良い状態(正常な状態)に戻った時には
抜け毛は増える傾向にあります。



それはなぜか?

血行が良くなると頭皮環境も良くなり、新陳代謝が活発になります。
新陳代謝が活発になると何が起きるかというと、悪い状態で残っている
毛がどんどん抜けていくのですね。


つまり、

血行が良くなる



頭皮環境が良くなる



正常でない毛がどんどん生え変わる



ということです。


では、育毛剤などを使って、血行を良くすればいいかといえばそれは違います。
育毛剤や薬(ミノキシジル)などを頼って「血行を無理やり良くさせた」場合は
生え変わる毛も悪い状態であることが多いのです。


悪い状態の毛というのは、例えば細い毛、伸びない毛です。
そのような状態の毛が生えてきても結局また同じことの繰り返しです。


育毛剤をずっと使っていても、抜け毛が増える一方、しかも生えてくる毛も、
腰のない弱く細い毛のままだ、という声を良く聞きますが、理由はもうお分かりですね。

抜け毛が減らない



例えばアトピーなども同じで、薬で症状を抑える対処療法は、一見キレイに治ったかに
見えますが、あれは薬で無理やり症状を抑えている状態で根本的な治療にはなっていません。

根本的に治療するには、時間がかかっても、毎日の食生活、生活習慣、
生活環境などを整えていく必要があります。


抜け毛も同様に、育毛剤や薬に頼るのではなく、食生活、生活習慣、睡眠などを改めて、
自らの力で血行を良くして頭皮環境を整えることが大切です。



補助的に育毛剤を使うことはいいのですが、根本的な解決にはなりません。

抜けても正常な毛が生えてくるような頭皮環境を作り上げるには時間がかかりますが、
根気よく取り組んでいきましょうね。